迷惑な睡眠時の送信

以前の続きとして、コナンザバーバリアンも、「民主主義」とか「面子第一」の象限まで近づけた値にもなると、それは学生運動のシールズのプロットじゃないかなぁ、なんて冗談を考えていた。どっちもマッチョだ(笑)。必要なのは学問じゃなし。

 

さても昨日から夢の中で、音声送信はあって、干渉されている。すぐ目覚めるよ。何でもカトリックのふりをするイラン人の派閥がユダヤに仕返しされたのが、日航ジャンボ(?)みたいな話をして来る。実際の当事者に迷惑をかけたら問題になりそうだが、私の夢の中ではそう声がする。どうも私のブログからはそう解釈できると送り返してくるのだ。

 

あれ?スイスの時計産業を一時的に壊滅させたカシオトロンなどの復讐じゃないの?

(あれも名物社長が救急車から拉致されて技術流出したみたいな音声送信を昨年か今年の春頃に聴いていて、現実のカシオさんとまったく違っていたらゴメンナサイ。そう言う奴らなんですよ。幻聴めいた音声送信と言うのは。でもオッパイ生える尋問受けたのこれか?なんて妄想もします。そう言うこと言う人いるから。華僑に西郷隆盛級の人物が拉致されてオッパイ生えて帰ってきたことがあるのが日本近代(?)とか。)

 

何かよく分らないが、私がロシア人の仲間だと思っている美術系も元を辿ればこのイラン人のカルト宗教派閥の周りなのか?そう言えば小学生の頃、美術については、意外にもイラン人なのか中東の金持ちなどから教えてもらえたので日本人は理解しているかのようなことを言うカルト小学生がいた。イランの中枢こそがマフィアと関係しているだとか。

 

ケネディー大統領を暗殺したのが、このイラン人の派閥なので、怒ってユダヤ系がトロン潰しに来たのが日航ジャンボ、みたいな夢の送信がありますが、一切、確証のない夢の中の妄念かも知れません(笑)。

 

この時、このイラン人周りが、アメリカではケネディーの時代に生きた人間の腕にセキュリティーの為の認証チップ的なものを入れるくらい進んでいて、民主主義体制が、段々、騙し見たいになって来ているのに衝撃を受けていたという。それでトロンの派閥がついに手にしていた、奇跡の弾丸のようなプラズマ技術とか量子力学の技術を中曽根政権が捕虜などから得て、アメリカに売った可能性があるが、そのことによって結局、日本政府は脅されてもいて苦難の時代を後に迎えただの、夢の声は、よく説明してくれないので分らなかった。(ケネディーも偽ケネディーをイラン人が作っていたのか、本当に偽者をあの時消したのか、それとも本物のほうを消したのかイマイチ分らない。あるいはカトリックの一部がイラン人化しているのでユダヤ系かどこかが切れただの。)

 

うーむ。そう言うストーリーは荒唐無稽だが、どれくらい信憑性があるだろうか?

 

私の周りでは、沖縄で天皇陛下がすり替わったという話をする人物が2、3回ほど現れました。ただ聞えよがしに誰かと道で話しているだけです。勝手に聴いちゃあれだが、そんなこと言うのはさすがに気になる。昨日の夢の声などは、この時までに天皇家は皆殺されてしまい、アメリカ人の手先にすり替わっているが、これを正そうと抵抗しているのが中国人やイラン人の派閥で、現実の私がそれにあまりにも興味が無い為に愕然とするのだそうだ。

 

うーむ。よく分らないが、私が中国人やイラン人の派閥が苦手なので、こう言う夢を見るくらいダメなんだろうね。いい加減にしろ。この夢も。