嫌な奴ら周辺と近年の俺

最近、『ミルクde水素』飲んでます!!!

 

(私のブログは時に攻撃的なのでアフェリエイトは貼るのやめにしています。)

 

いやぁ、何故か昔、中学生の頃か、高校生の頃、バイモードで聴いた冗談が再来しました。曰く、分解できない奴はゴニョゴニョゴニョ、そんな大事なこと、こいつには教えてやんない! 

(それが今現実に商品化されてやっと確認できるのか???)

 

何でもこの商品の説明では、乳糖負耐性の人も、腸内細菌が乳糖を分解しているので、水素が大量に発生し、むしろなんか良いらしい。

 

あの『グローバルブレイン』(?)では、「牛のゲップによる二酸化炭素問題」が人類にとっては大問題な可能性が高いわけだけど、まぁ、牛さんは牧草だとかモロコシを食べているのだろうから、そんなものですか?

 

ここで誰もがこれから発するであろう冗談を一つ。

 

『俺のは水素だから!!!』

 

いやぁ、私も屁が止まらないのに何故ヨーグルトやめないの?と言われたら、なんか腹筋に最大パワーで力を入れると、どうも屁が消える現象がたまに起こるのだけど、それは多くは腸管内で多少逆流しているのだとしても、もしかしたら硫化水素が血中に解けるかしているのでは無いか?大量のグリコーゲン消費などがそれに関与していないか?とずっと気になっていました。もちろん、確証は無いです。深海底の熱水が吹き出る鉱床のニュースを見て着想した妄想です。

 

と言うか、火事場のクソ力の正体、あるいは発勁の正体。そう言うのとか、丹田って何かなぁ、と言う永遠の問ですか?つまり「気」でしょうかね?

 

プネウマとか精気論みたいのでもないし、ソマチットでもない、何かですよ。水素的なものが何か溶けてない?みたいな。

 

漢字しばらく捨ててもヨーグルトを食べたいみたいな気持ち、これですね。これだった。

 

(ところで、どうしてロシア人のような人々が支配しているプレッシャーが私の周囲にあるのか?や、つまりそう言う妄想が止まらないのは何故か?については、次回に。ここ東京では、現に今、25年以上の価値観の差をもって暮らしている人が共存して居た。そうであれば、この私の遅れも理解できる!おそらくコミンテルンはまだまだ問題なのだ。)

 

それと前にも書いたけど、牛乳を消化できるのが進化だなんて、そんなこと患者の近くで囁く精神科医がいるなんてね。やっぱり局所的な進化に過ぎなかったことになるのだろうかね?価値観の違う医者がいることは、違う意味で気をつけないとね。7,8年前の恩方病院のことですが。

 

まぁ、そんなことはどうでもよくて、そう言えば、いつか走りながら牛乳を飲もうと思っていて、あんまり試していなかったなぁ。あ、そうか。腹筋で消化できないか?と思っていて、虫歯になりそうでやめたんだっけ?赤ちゃんは歯を磨かないのに虫歯にならない、その赤ちゃんはミルクしか飲まない、と言うイタリアン・ジョークに騙される人はどうぞ試すといいですよ。クリスペプラーのねぎ味噌よりは。