早くおさらばしたい精神科(25年来の主張)

いや、この二十数年来の間に、家族に教えたり、精神科医に少し教えてみたり。予備校のデッサンのさわりとかをね。そしたら診察室の外の看護師が「わかんない」とか小声で清算時に受付で言ったりするので、俺、別に白人とか医者とか権威にびびるタイプじゃないのに、まだ分らないのかなぁ?と思ってね。多少、声漏れるのかも知れないが、漏れてなくても、あぁ、やってらんね。

 

例のイタリアで見た関西人は、(絵の話は)医者にも教えたらあかんぞ!と言っていたかもしれない。お前にも教えてやっても良いんだけど、他人にあまり言わないでくれ、と言う約束だったんだよね。なぜか関西人が代表窓口になって発狂している俺と話していたね。妄想トークの為に対象そのものから乖離した2ノードくらい向こうの言葉で空中戦状態(例えば、「肛門」を「OKサインのゼスチャー」で表しつつ「あれ」と呼ぶ等々)。当時は。だから、俺は、「ブレインジャック」と言う言葉を後年になって日本で聞いたとき、自然に受入れられた。俺のその後の人生の流れがもうそこで読めるなら、ある程度、誘導されているのかなぁ、と。

 

それで、その内容についてだが、例えば偉そうにしていると思われないように、「小学生にも分るくらい簡単な原理だ」とか、遜って言おうもんなら、私をまったく信用しない家族が、こいつは「小学生でも出来ることで長年にわたって親から金をふんだくっていたんだ」のように浅読みしてレッテルを貼ってきたり、まったくやっていられない。もう、一度でも精神科にかかるとそう言うのばっかりだよね。方々から。名誉毀損のレベルじゃないよ。

 

アベコベに近年は街路でも「小学生には無理だ」とか野次が飛ぶレベルだし。今飛んだような気がしたのでそう言えばと思い出した。外でそんなこと野次で言われていた時期があったなぁ・・・。

 

いや、書道の国だからと・・・どうせ俺からは何もしてやれないし・・・線の話でもと・・・近い人などに話してやると、こんな結末なのかなぁ。あまり広まり過ぎればどことなく伝統文化は壊れ気味になるかも知れないし、どこかの師匠も信じられなくなるかも知れない。そうかと言って、すべて黙ってやり過ごせば、今、この国は、漢字奴隷の戦いに巻き込まれている最中なので(途中省略)反乱軍を組織でき(スターウォーズ風)・・・るわけないです。

 

自分が、あまりに無能みたいに言われ過ぎるのだけでも回避したかった。精神科クソ。